幸せな休日とは安全な休日です

クリスマス、年末、年始などの休日をどのように過ごすべきかお考えですか?新型コロナウイルスまたはインフルエンザの拡大から自分と家族を守りながら、安全に休日を過ごす方法について、いくつかのアドバイスをご用意しました。一番安全な方法は、同居人のみと一緒に休日を過ごすことだと覚えておいてください。親戚、家族であっても、同居していない場合、休日を一緒に過ごすことによりリスクが高まります。「自宅に留まることが、自分と他の人を新型コロナウイルスから守る最善の方法である」とCDCは呼びかけています。集まりに参加しなければならない場合は、新型コロナウイルスの感染または拡散の可能性を最小限にするため、あらゆる必要な予防策を講じてください。

マスクをつけてください
  • 新型コロナウイルスの拡散を抑えるため、2層以上のマスクをつけてください。
  • マスクを鼻と口に当てて、あごの下で固定してください。
  • マスクが顔の両側にぴったりと合うことを確かめてください。
同居していない人からは、少なくとも6フィート離れてください
  • 症状がなくても、新型コロナウイルスまたはインフルエンザを拡散する可能性がある人がいることを忘れないでください。
  • 重症化リスクの高い人々にとっては、他の人から6フィート(だいたい腕の長さ2つ分)離れることが特に重要です。
手を洗ってください
  • 少なくとも20秒かけて、頻繁に石鹸と水で手を洗うようにしてください。
  • 手を洗うことができない場合は、手指消毒剤を身近に置いて、使用してください。
  • アルコール分が少なくとも60%の手指消毒剤を使用してください。

集まりに参加する場合は、安全を心がけてください。

顔を合わせる行事から生じるリスクについて考えることが重要です。関連するリスク水準に不安がある場合は、行事のキャンセル、延期または不参加を検討してください。それでも集まりに参加しなければならない場合は、全員の安全を確保するため、こちらの追加策を講じてください。

  • 自分用の食べ物、飲物、皿、コップ、スプーンやフォークなどを持参してください。
  • マスクをつけ、飲食中はマスクを安全に保管してください。
  • キッチンなど、食品が調理または処理されている場所への出入りを避けてください。
  • サラダドレッシングやソースなどは使い切りの小袋のもの、食品コンテナ、皿、スプーンやフォークなどは使い捨てのものを使用してください。
  • 前もって来客と相談して、どのように一緒にお祝いするかを決めてください。

顔を合わせる集まりを避けるべきなのは誰ですか?

自分、または同居人が以下に該当する場合は、顔を合わせる行事の開催または参加を止めてください。

  • 新型コロナウイルスと診断され、他の人の周りにいても安全な基準を満たしていない場合
  • 新型コロナウイルスの症状がある場合
  • 新型コロナウイルスの検査結果を待っている場合
  • 過去14日間に新型コロナウイルスにかかった人に濃厚接触した可能性がある場合
  • 新型コロナウイルスの重症化リスクが高い場合

集まりのあと

行事のあと、多くの非同居人と濃厚接触したか、新型コロナウイルスに接触したかもしれないと感じた場合は、14日間、追加の予防策を講じてください。できるだけ家にいて、新型コロナウイルス検査を受けることを検討してください。ロサンゼルス・カウンティには、新型コロナウイルス検査に関する多くの選択肢があります。

新型コロナウイルスの症状があるか、新型コロナウイルスの陽性反応があった場合は、行事を開催した人と参加した他の来客にすぐに連絡してください。これは、他の人が必要に応じて検査を受け、自宅に留まり、他の人から距離をとることで、新型コロナウイルスの拡散を減らすのに役立ちます。

今年の休日は、特別の計画が必要となるでしょう。しかし、安全上の予防策を講じることで、自分自身、家族、友人が休日をお祝いをしながらも、新型コロナウイルスの感染または拡散のリスクを最小限にすることができます。

 

APHCVは、皆様が楽しく安全な休日を過ごせるようお祈りしております。

 

新型コロナウイルスの影響により、ご自身またはお知り合いで悩みや不安を抱えている方は、 (800) 854-7771 にお電話して、ご相談ください。

Shop AmazonSmile and Support APHCV